2006年 10月 28日 ( 2 )


三つ子のブログ
同じモノを三つに分けて、
何を書いているのかって?

それが僕の信条だから。
おかげで優柔不断で、人の言うことですぐコロッ、コロッと考えが変わってしまうけど。

この信条は変わらない。

ひとの意見は、賛成か、反対か、どっちでも良いか、その三つだけ。
立場によって変わるだけ。

どこに正義があるでもなく、全てに正義が存在する。
だから、状況状況によって、もっとも良い、その場を収めることが出来る方法を考えるのみ。

だから、優柔不断が僕にとっての信念であり、正義なのだ。

私にはどうでも良いこと。
全てのことに。
世の中を良くしようという人の意見。
戦争をしてでも、自分の意見を無理矢理にでも押し通そうとする人間の意見。
自らの命を呈し、人を救おうとする人の意見。
自分さえ良ければ、他人の心や傷つくことなど、気にもしないという意見。

ただ、生きることが人の指命であるとするならば、
人を殺すことや、死ぬほど傷つけることは、それが身体的、精神的にかかわらず、やってはいけないことなのだ、とは思うが。

私にはどうでも良いこと。
これが、ヤブであり、ラグであり、ジンである。
[PR]
by yub1earth | 2006-10-28 23:45


生きることが
正義なのだね。

あまり頭の良い僕ではないし、
一つのことが浮かんでもすぐに消えてしまうから、
この事を忘れないように留めておかなくてはならないと思う。

人の正義は、自分のためにあるもの。
人が変われば、正義も変わり、
時代が変われば、正義も変わる。

不変な正義などありはしない。
では正義を基本に生きている人間に、柱はないのか?
そんな不安な状況で人は生きていけるのか?

人によって正義が違うなら、
その元をたどってみよう。

人に与えられた指命が「生きる」ということだけなら、
正義の基本もそこにあるはず。

死んで訴えることは、自分の正義でしかなく、
同じ志を持った人間どうしなら、とても価値の有ることなのかもしれないが、
志が違えば、そうとも言えないことになる。

ここに綴ることは、自分を慰める言葉でしかないことも承知で、
今、僕は僕自身が納得して悟ることにする。

生きることが、正義なのだね。
[PR]
by yub1earth | 2006-10-28 23:25

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ヤブの独り言)
by yub1earth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧