疲れた
もう何もしたくないくらいに。

何のために生きて、何のために仕事をしているのか分からなくなってしまった。

気力が失せた。

何度も何度も奮い立たせ過ぎた心は、

今や薄い氷のように割れるのを待つばかりのよう。

うつむき、枯れた涙を流せぬまま、静かに笑うのみ。
[PR]
by yub1earth | 2006-07-08 07:00

<< 自分の時間が無いと      今日も >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ヤブの独り言)
by yub1earth
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30