光がひとつ、
僕の胸に。

光っては消え、浮かんでは沈む。

その光が僕にとっての救世主なのか。
それは僕には分からないが、
でも、かけてみたくなる。

昔綴った文章。
今の方が、もっと良く書けるような気がする。
それだけでも、自分の心が軽くなる。

夢がもう一度広がるかもしれない。
[PR]
by yub1earth | 2006-06-01 02:34

<< 時は      何が心を落ち着けないかと言うと >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ヤブの独り言)
by yub1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31