上の娘と
昼食に言った後、久しぶりに昔好きだった漫画を読んだ。
もう20年ぶりぐらい。
「ブリキ細工のトタン屋根」
三山のぼるさんの描いた、カメラマンを目指す青年の苦悩に満ちたストーリーだ。
昔、好きで、何度も何度も読んでいた。
夢を持っていた頃の自分が思い出され、涙がこぼれた。

そういう意味では、僕の夢はやっぱり物語を創ることじゃないだろうか?

若い頃はそれなりに努力し、ライフワークだと誓いながら、いつしかその才能のなさに筆を置いてしまった。
そして、その頃からだろうか? 色んなことに力が入らなくなってきた気がする。

何かを取り戻す時期が来ているのかもしれない。
それが、物語をつくることでも、なにか他の事でも。

望んでやっている訳じゃない仕事以外に、自分の確固たる生きがいを見つけるべきなのだろう。

b0088618_2232170.jpg

大殺界は後2年半。その間に見つけて、抜けた時には何かを目指していたいものだ。
[PR]
by yub1earth | 2006-05-16 02:23

<< みっつ      このブログは >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ヤブの独り言)
by yub1earth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31